YG-7 狩尾22番札所

見つけにくかったでしょうか?

この地区は狩尾といいます。地元の人は「かりょお」といいます(「か」にアクセント)。いまでこそ一周道路が整備されて便利になりましたが、かつては子どもたちも細い山道を歩いて学校に通っていたそうです。小さな集落が山肌にへばりつくように建つ姿を見ると、感慨深いものがあります。

さてこの「札所」は弓削島四国八十八カ所の札所です。本家四国の八十八カ所巡拝を模したもので、江戸時代の文化・文政期から盛んになったと言われています。現在でも4月第3日曜日に「島四国」が行われ、子どもからお年寄りまで多くの巡礼者が島内を練り歩きます。