IW-3 祥雲寺

祥雲寺は、岩城島西部(にしべ)地区の高台に古い歴史を伝える禅寺です。

境内には室町時代に建立された観音堂が残されており、しばし七百年のタイムスリップを楽しめます。本堂の裏手には、樹齢六百年とも伝えられる県の天然記念物・舟形ウバメガシが鎮座。代々の住職が丹精された稀なる造形美は、多々羅大橋に沈む夕日とばっちりコラボします。リピートして座り込みたい絶景の一つですよ。ちなみにあじさいの季節も見逃せない、静かなかくれスポットのひとつ。